QLOOKアクセス解析

時々しか書けない本と映画の下手な感想文

映画・本ジャンル雑多な偏愛ど下手感想文。全力ネタバレ注意で。

Entries

夏の庭ーThe Friends-(児童文学)

忘れられない本 (4) ブログトーナメント - 本ブログ村
忘れられない本 (4) ブログトーナメント

優勝しました!!

主人公の「ぼく」と二人の親友は、「死んだ人が見たい」という
大人や他の子どもから見ればあまりに不謹慎で、けれど
本人たちにとってはただ無邪気なだけの好奇心で、ごみに
うずもれて古い一軒家の老人を「いつ死ぬか、目の前で
死ぬか」と見張り続けますが…。

もう、児童文学のカテゴリに入れるのは嫌でしたが、カバーに
きっちり児童文学と書いてあるのでしょうがない。
子どもから見た子ども、大人から見た子ども、そして大人と
大人、それぞれの視点を振り返ってみたくなるような小説です。
ただ、老人の死の瞬間を見たい、その珍妙で悪気のない好奇心で
家を覗き始めた三人が、いつの間にか年代を超えての親友と
なり、交流を始める流れが、自然すぎて、これは児童文学とは
言っても、
「おじいさんがかわいそうでした」
とか
「ひとがしぬのをみはるのはいけないことです」
だの読書感想文に書きそうな子どもを対象にするのではなく、
やはり最低でも中学生向けで、何を感じたかなど、わたしも含めて
陳腐なものだと思います。

三人は老人と日々を過ごすうち、様々なことを教わりました。
学校では教えてくれないこと。
果物の剥き方、たくさんのコスモスを植える楽しさ、けれどそれは、
老人が指示や指導をしたわけではなく、一緒に過ごしながら、何気ない
言葉を交わしながら、子どもたちが覚えていくことです。
家庭科の授業じゃないんです。
昔の子どもが親の真似をして料理を覚え、畑仕事をして、様々な
年齢の人とごく自然に触れ合うことは、誰も教えてくれない。

主人公の母はアルコール依存症のようですが、主人公は、それを
憂いながらも、小6の少年では窘めることも止めることもできませんが、
主人公が剥いてやった梨を食べて、母がその日はお酒を
飲まなかった、それだけで、母が何を幸福に感じるか、少しだけ
理解できたような気もします。
老人が徴兵時の罪を忘れられないこと、別れた妻のことなどを話し、
珍しい苗字から老妻を探しだし、穏やかではあるものの、認知症に
かかっていると思われる老妻は、老人のことを忘れ、
それでも、自分がその奥さんなら、と老人夫を恨まない、それに
自分はすぐに忘れてしまう、と言ったこと。
その老妻に似た、種を買った店のおばあさんが似ていることで、
奥さんのふりをして会ってもらおうとしてばれてしまいながらも、
老いた二人が穏やかに長く生きてきた故の時間を話し合うこと。

洗濯ものを綺麗に干しながら、出て行った父にわだかまりがある少年、
魚屋を自分の意志で継ぐからと、包丁を器用に研ぐ少年、
主人公は将来のことすら、漠然とも夢は浮かんできません。
小さい時は、あの仕事がしたい、この仕事がしたい、と
夢物語を語っても、少年たちの年齢になると、何が自分に出来ない
ことなのか、それがどんなに多いことなのかが解ってきます。

少年たちに絡みかけた若い男が、老人の上げた花火に感動し、
威勢よく酒や食事を4人に奢りながら、自分が連れの女と結婚する
時には、(花火を)一発あげてくれ、と頼み、老人も承諾しますが、
それは果たされない約束になります。

サッカーの合宿に出かけた三人、その家にまつわる怪談を聞かされて
トイレに行けなくなったり、色々なことを話そうと、老人の家を
いつも通り訪ねると、眠っているように見えた老人は、ブドウを
4房置いて、静かに死んでいたんです。
ブドウは、多分帰ってくる三人と一緒に食べるつもりで。
これ、映画になってます。
でも映画で嫌だったのは、三人がその瞬間やかましすぎた。
原作のこのシーンは、死んだ老人の側でそれぞれが、そのことで
頭がいっぱいです。せっかく自然な親友同士になれたのに、確かに
最初はその老人の死を観察したかったけれど、今となってはそうじゃ
ない。三人はただ、静かに泣いて、騒ぎも喚きもしません。
だからこそ、この場面の悲しさや寂しさが強く伝わってくるんです。
主人公の心の声が、多分悲鳴になっていくそれが、何度読んでも涙を
誘って誘って、字が霞むほどです。

「オレたち、あの世に知り合いがいるんだ」

子どもなりの、一人の老いた親友との別れ。
そしてそれぞれが選んだ道。

映画の方はクソ…いえ、少々不出来でしたが、ひとつだけ嬉しかったこと。
94年公開されたこの映画、神戸人のわたしの地元でロケしています。
とはいえ、神戸人が見たら、とんでもない距離を老人追いかけて走り、
特急に乗っていくような距離を、何故老人に子どもがまかれるのかと、
多分奇妙に思うんではと思います。
94年…阪神大震災の前年で、撮影は多分93年に終わっていると
思いますが、ここをロケ地に選んだのは、地震サイクルからすれば
チッポケな二年という差ですから、役者の皆さん、スタッフの皆さん、
御無事で何よりでした。ヒヤッとされたでしょうね。






今のところYoutubeに分割してUPされてます。
いつ消えるかわかりませんし、どうも映画のほうは…うーん。
1だけ貼っておきます。


関連記事

Comment

本当びっくりです!! 

絶対に伝えたいことがあります。
どんなに仕事をしても楽な生活にはなれなかったんです。
そんなとき、すごいことを知りました。
連絡するだけで一生使い切れないほどのお金をもらえたんです。
借金を一括で全額返済できるんです。
本当に知りたい人だけに教えます。
もし知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてください。
メールもらえたらすぐに返事出しますから。

はやいほうがいいです♪ 

こんなことを書いたらおこられるかもしれません。
若いときにつくった借金の返済が辛かったんです。
ある人に出会わなければ私の人生は何も変わっていなかったと思います。
ただ連絡するだけで、あとはどうすればいいか指示してくれました。
すぐにお金持ちになれる方法あります。
本当に知りたい人だけ、連絡してください。
知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpにメールしてください。
メールしてくれた人に驚愕の秘密を教えます。

本当に必要なもの。 

とつぜんごめんなさい。
今までの私は、誰かがひいてくれたレールを歩くだけの人生でした。
そんなとき、すごい夢見たいな話がきたんです。
ものすごい金額を手に入れてしまったんです。
すぐにお金持ちになれる方法あります。
本当に知りたいという人だけに教えます。
知りたい方はbanana_ayako@yahoo.co.jpまでメールください。
驚愕の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。

この情報は、他の誰にもいわないでください。 

秘密にしておきたい人もいるかもしれない、お得な情報です。
今まで誰にも助けてもらえず、生活が苦しかったんです。
私の生き方は、ある方法で、すべて変わりました。
連絡するだけで一生使い切れないほどのお金をもらえたんです。
借金を一括で全額返済できるんです。
本当に知りたいという人だけに教えます。
知りたい人はbanana_ayako@yahoo.co.jpまでメールください。
メールしてくれた人に驚愕の秘密を教えます。

人生を豊かにするために必要なたった一つのこと。 

もう我慢できなくて、こうして告白させてください。
友達の借金をかえすためにアルバイトをかけもちしていました。
もっとはやくこれを知っていれば…。
苦しかった生活が一変しました。
借金を一括で全額返済できます。
本当に知りたい人だけ、連絡してください。
banana_ayako@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
連絡してくれた人だけに、誰も知らないすごいことを教えます。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

インフォメーション

2018/1/21 日本映画「帝一の圀」をキャプチャー加えて改稿しました

更新履歴



総記事数:

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
お越し頂いてありがとうございます。
当ブログ管理人は好みが偏っており、
ジャンルはバラバラです。
世の中から死滅した録画ビデオや
幼稚園時代に観た映画の無料動画
幼稚園時代に読んだ本にまで遡って
感想を書いています。
更新は月に数回~数ヶ月に1回と
マチマチです。
アフィリバナーを貼っていますが、
表紙やパッケージを「こんなです」と
貼っているというのが理由ですので、
嫌な方は押さないでくださいね。
amazonなので、ここより役に立つ
他の方のレビューが読めるという
メリットだけはありますし、
押しただけでは売れませんので、
その点はご安心くださいませ^^

更新時以外あまりチェックしないので、
コメントには気づきにくいです。
その点ご了承ください。
原則リンクは当方からは貼りません。
お貼り頂くのはご自由にして下さいね。
もしお貼りいただいた場合、ちょっと
教えていただけると嬉しいです^^
うちからも貼ってもいいよ!と
言っていただければ、もっと嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Comments...A

<>+-

お願い

このブログの文章、画像の転載を禁止致します。 また、画像と映像の著作権は出版社や映像会社にあり、 著作権侵害に触れない「引用」の域を出ない範囲で キャプチャ他を利用してお借りしていますが、 抵触したと判断され、削除依頼があれば、 画像、動画を削除致します。

最新トラックバック

アクセス

現在の閲覧者数:

Poodle時計(Red)

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

ブログ村トーナメント結果上位のみ

いぬばか(映画)
第2回 B級映画ブログトーナメント 準優勝
イヌココロ(絵本)
犬が出てくる絵本ブログトーナメント 優勝
あたしのいもうと(絵本)
こころの絵本ブログトーナメント 優勝
さびしんぼう(映画)
おすすめのファンタジー 5ブログトーナメント 優勝
コブタの気持ちもわかってよ(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
白いオウム(絵本)
小さな動物の絵本ブログトーナメント 優勝
ワンワンワンー捨て犬たちの小さなおはなし(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
きんいろきつねのきんたちゃん(絵本)
お勧め絵本トーナメント 準優勝
光の帝国 常野物語(小説)
私の好きなファンタジートーナメント 準優勝
優駿(小説)
馬が出てくる本トーナメント 優勝
ゴーストハント6 海からくるもの(小説)
ホラー映画・小説トーナメント 優勝
帝都物語(映画)
第11回ホラー映画トーナメント優勝
黄泉がえり(映画)
おすすめのファンタジー(4)優勝
遠い海から来たCOO(アニメ映画)
第9回アニメ映画トーナメント優勝
さくら(小説)
忘れられない本(3)トーナメント優勝
夏の庭ーThe Friend-(児童文学小説)
忘れられない本 (4) ブログトーナメント優勝
うらぼんえ(二時間ドラマ)
おすすめのファンタジー 7ブログトーナメント優勝
ぼくらの(漫画)
アニメ&ソング、漫画のブログ7 トーナメント 優勝
里見八犬伝
ファンタジー作品3ブログトーナメント優勝

2015.8.1より

ブログ内のどの記事を多く見て頂いたかの集計です 4時間ごとに集計されています

2016年4月から動作せず全く反映していませんでした。記事アクセスにかなり変動がありましたがご参考にならず申し訳ありません。4ヶ月経過後対処して頂きました。