QLOOKアクセス解析

時々しか書けない本と映画の下手な感想文

映画・本ジャンル雑多な偏愛ど下手感想文。全力ネタバレ注意で。

Entries

七瀬ふたたび(日本映画)

家族八景、七瀬ふたたび、エディプスの恋人、と三部作で続いた、テレパス女性の
七瀬シリーズで、この第二弾だけが、何度か映像化されていて、最新映画化で
ある今作は、芦名星さん(この時まで知らなかった絶世の美女で驚いた)を、
最も七瀬らしい女優、と評された作品だそうです。
見たいなー、と漠然と思って、何度かレンタルショップに足を運んで2~3年?全然
ありません。今年8月の入院前だったと思いますが、動画サイトでやっと発見。
設定は、テレパスの主人公、七瀬が、仲間である様々な能力者と共に、能力者を
消す組織から逃げ、戦い、淘汰されていく物語です。

七瀬が最初に会うのは、子どもなのに同じく強いテレパシー能力を持つノリオと、
予知能力者の了ですが、いつもこのノリオ、多分原作から年齢を引き上げられてると
思います。原作読んだの10代の頃だったと思うので、ちょっと曖昧になってますが、
七瀬と出会い、了の予知で乗っている列車が事故を起こすのを二人が知り、
母を置いて三人で列車を降りる、その時点では3歳という、かなーり無理な設定。
だから、その後の映像化(ほとんど見てないですが)でも、今回の映画でも、
ちゃんと物事を理解しても矛盾しない年齢設定になっています。
念動力を使うヘンリー、彼は命令できる上位の誰かを見つけ、その人物の命令
なしでは能力を使えません。彼の力が、敵に対抗できる一番の武器なのに。
藤子はタイムトラベラーで、原作よりも、今回の映画で、見せ場が多くあり、
最後の最後でキーパーソンに役柄を変更されていました。

ヘンリーを、ダンテ・カーヴァー氏が演じてたんですよ。普段温和なのに、力を
発揮する時の集中ぶり、その演技が、普通に演じ分けられている。
白戸家のお兄さんだけしか知らんかったけど、俳優だったことも忘れてました。
でも、わたしこの人好きなので、ヘンリーの役やってくれて嬉しかったですよ。
了は、七瀬を好きになりながら、彼女に心を読まれることに強い抵抗があり、
近づかないようにする、そして殺害される寸前に、最後の情報を彼女に送る、
多分そんなシーンが原作にあったと思いますが、映画、結構いい展開を
持ってきてくれました。七瀬への、ま、男の煩悩ですね、これを思い浮かべざる
を得なくて、それを離れた位置にいる七瀬は読み取っている、でも七瀬は、
側にきて、わたしもそれをしてほしい、と了に携帯を通じて祈る。
映画の七瀬は了が好きだったのか、仲間として一緒にいたい孤独を感じて
いたのか、それは分からないけれど、このオリジナルシーンは切ない。

ノリオは、原作のように、ヘンリーもろとも七瀬の不在時に射殺されるのでは
なく、連れ去られた末に一人で殺されましたが、わたしは昔から、
「若い女性が自分と血縁のない子どもを引き取って育てて可愛がる、
子どももお姉ちゃんに懐く」
という設定がどうも生理的に駄目なので、七瀬とノリオの疑似母子みたいな
関係も苦手なんです。いや、だからノリオ死んでいいよ、じゃないです。
ただ、映画では、ノリオを助けに行くためにヘンリーから離れた、これが、
ヘンリーに指令を下せなくなった一因ではあるな、と思います。
この映画ではそれば矛盾していて、ヘンリーは銃撃されながら、死の間際に
一人で念動力を発動し、自分を取り囲んだ敵を殲滅させますが、
原作ではこの辺りを覚えていなくて、なんで七瀬、二人から離れてたっけ?
とちょっと首ひねったり。

藤子の能力、時を飛ぶことに関しては、パラレル説を唱えていた。
つまり、ラストで藤子以外は全滅したけれど、藤子の力でまた、過去に戻り、
全員が無事な時間に戻ることができた、けれども、もしパラレルなら、
やっぱり七瀬もノリオもヘンリーも了も、別の世界では殺されたままと
いうことで、こういう終わり方はどうなんだろう?と、あんまりめでたくは
ない気持ちにはなります。

ただ、原作では、神の力とやらで、七瀬は全ての記憶を失くして蘇り、
その神の子(年下高校男子)と神の御意志とやらで結ばれる、
エディプスの恋人に繋がってしまい、そこで、またもや神の御意志で、
失った仲間が片時蘇り、七瀬がそれを否定したら彼らはすぐに消される、
手酷い作品でこの三部作は終わってしまうので、この「七瀬ふたたび」で
終わっておいたほうが…と思ってしまいます。マジ、最終巻は読まなきゃ
よかったかも。

芦名星さん、すっごい綺麗でした。
「家族八景」も深夜?ドラマ化されたのを一度一話だけ動画サイト探して
一番好きな話を見ましたが、やっぱり「七瀬ふたたび」が一番根強い
人気があるんでしょうね。
三部作だと知らない、前作に「家族八景」があるとご存じない方、ま、
ほとんどいらっしゃらないから映画とか観に行かれると思いますが、
なんで「七瀬ふたたび」ってタイトルなんだろう、と思われる方は、
やっぱりいらっしゃるかも知れませんね。

面白かったけど、別にレンタルでお金出してまで観なくてよかった、
無料動画サイトで済んでよかった、ぐらいかな?



DVDはありますから、レンタルされてもいいと思いますが、
探して頂ければ動画サイトあります…と違法なので小声で。
ただ、このパッケージの芦名星さん、綺麗です。





関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

インフォメーション

2018/1/21 日本映画「帝一の圀」をキャプチャー加えて改稿しました

更新履歴



総記事数:

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
お越し頂いてありがとうございます。
当ブログ管理人は好みが偏っており、
ジャンルはバラバラです。
世の中から死滅した録画ビデオや
幼稚園時代に観た映画の無料動画
幼稚園時代に読んだ本にまで遡って
感想を書いています。
更新は月に数回~数ヶ月に1回と
マチマチです。
アフィリバナーを貼っていますが、
表紙やパッケージを「こんなです」と
貼っているというのが理由ですので、
嫌な方は押さないでくださいね。
amazonなので、ここより役に立つ
他の方のレビューが読めるという
メリットだけはありますし、
押しただけでは売れませんので、
その点はご安心くださいませ^^

更新時以外あまりチェックしないので、
コメントには気づきにくいです。
その点ご了承ください。
原則リンクは当方からは貼りません。
お貼り頂くのはご自由にして下さいね。
もしお貼りいただいた場合、ちょっと
教えていただけると嬉しいです^^
うちからも貼ってもいいよ!と
言っていただければ、もっと嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Comments...A

<>+-

お願い

このブログの文章、画像の転載を禁止致します。 また、画像と映像の著作権は出版社や映像会社にあり、 著作権侵害に触れない「引用」の域を出ない範囲で キャプチャ他を利用してお借りしていますが、 抵触したと判断され、削除依頼があれば、 画像、動画を削除致します。

最新トラックバック

アクセス

現在の閲覧者数:

Poodle時計(Red)

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

ブログ村トーナメント結果上位のみ

いぬばか(映画)
第2回 B級映画ブログトーナメント 準優勝
イヌココロ(絵本)
犬が出てくる絵本ブログトーナメント 優勝
あたしのいもうと(絵本)
こころの絵本ブログトーナメント 優勝
さびしんぼう(映画)
おすすめのファンタジー 5ブログトーナメント 優勝
コブタの気持ちもわかってよ(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
白いオウム(絵本)
小さな動物の絵本ブログトーナメント 優勝
ワンワンワンー捨て犬たちの小さなおはなし(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
きんいろきつねのきんたちゃん(絵本)
お勧め絵本トーナメント 準優勝
光の帝国 常野物語(小説)
私の好きなファンタジートーナメント 準優勝
優駿(小説)
馬が出てくる本トーナメント 優勝
ゴーストハント6 海からくるもの(小説)
ホラー映画・小説トーナメント 優勝
帝都物語(映画)
第11回ホラー映画トーナメント優勝
黄泉がえり(映画)
おすすめのファンタジー(4)優勝
遠い海から来たCOO(アニメ映画)
第9回アニメ映画トーナメント優勝
さくら(小説)
忘れられない本(3)トーナメント優勝
夏の庭ーThe Friend-(児童文学小説)
忘れられない本 (4) ブログトーナメント優勝
うらぼんえ(二時間ドラマ)
おすすめのファンタジー 7ブログトーナメント優勝
ぼくらの(漫画)
アニメ&ソング、漫画のブログ7 トーナメント 優勝
里見八犬伝
ファンタジー作品3ブログトーナメント優勝

2015.8.1より

ブログ内のどの記事を多く見て頂いたかの集計です 4時間ごとに集計されています

2016年4月から動作せず全く反映していませんでした。記事アクセスにかなり変動がありましたがご参考にならず申し訳ありません。4ヶ月経過後対処して頂きました。