FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

時々しか書けない本と映画の下手な感想文

映画・本ジャンル雑多な偏愛ど下手感想文。全力ネタバレ注意で。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マヤの一生(児童文学小説)

日本のシートンじゃ!という感覚で子ども時代から読んで、うちの次男も魅了した
椋鳩十氏の、戦時下において、供出、殺処分を命じられた愛犬マヤの物語です。
次男が持ってたんですけど、わたしが読む前に、2年ちょっと前、次男、転居の際
処分したらしく、中古で手に入れました。

椋鳩十氏の文体は、とても丁寧で上品であり、マヤの殺処分という内容に至っても、
決してそれに携わった人々を悪くは表現していません。
元は人の良かった近所づきあいのあった人々をおかしくさせたのは、あくまでも
戦争であり、愛犬を渡せない理由を、動物たちを資料にして子どもたちのために
物語を書くため、と陳情書を出すにとどまり、誰をも相手に激昂したりもしません。
けれど、戦時下で、その願いは通じません。

もう一人、近所で息子さんの形見として老いた犬を渡すまいと頑張ったお婆さんも、
その犬を連れて挨拶に来て、悲しみながら犬を渡しに行きました。
最後まで残ったマヤと、主人一家への冷たい目とあからさまな非難。

手のひらに乗るような大きさの頃にやってきて、次男さんに一番懐いたマヤは、
長男さんと次男さんの目の前で、脳天に一撃を加えられました。

犬に戦争は関係ない。
家族同然に可愛がった犬が頭を殴られ、悲鳴を上げるのを、子どもが目にする、
それは戦争だからと、正される理屈なのか。

マヤはそれでも家に帰ってきます。
一番懐いていた次男さんの下駄の上でこと切れます。
この本には戦争への怒りも表現されていません。
ただ、家族である犬を喪った喪失感だけが、淡々と語られています。

井上こみちさんの「犬の消えた日」(これもいずれ書きます)で、初めて戦時中の
犬の供出と殺処分を知りましたが、そのことでもうひとつ思い出した一件があります。
中一の時に読んだ、黒柳徹子さんの「窓ぎわのトットちゃん」です。
留守をしていたトットちゃんが帰ってくると、愛犬のシェパード、ロッキーの姿がなく、
ママは「いなくなったの」と言葉を濁し、トットちゃんは「どこにいったのかなあ」
と言いながら、ロッキーが死んだことを悟ります。
当時は、何故ロッキーが突然死んだのか、ママが何故それを隠したのか、全く
分かりませんでしたが、「犬の消えた日」を読み、「マヤの一生」を読んで、
大型犬であるロッキーも、軍用犬の訓練を受けていないが故に、
殺処分に至ったのではないかと、今はなんとなく思うのです。

かつて犬は伴侶動物ではなく、家畜でした。
けれど、戦争が起きたその時代にも、配給の食糧を分け与え、家族のように
大切に慈しんだ人々は多い。
その犬たちを供出し、殺さなければならなかった時代が二度と来ないようにと、
椋鳩十氏の、あらゆる動物文学を読みながら、強く願います。

ふう。
「孤島の野犬」とか読み直したくなった。
次男、あれも処分したかな。


関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

インフォメーション

2018/1/21 日本映画「帝一の圀」をキャプチャー加えて改稿しました

更新履歴



総記事数:

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
お越し頂いてありがとうございます。
当ブログ管理人は好みが偏っており、
ジャンルはバラバラです。
世の中から死滅した録画ビデオや
幼稚園時代に観た映画の無料動画
幼稚園時代に読んだ本にまで遡って
感想を書いています。
更新は月に数回~数ヶ月に1回と
マチマチです。
アフィリバナーを貼っていますが、
表紙やパッケージを「こんなです」と
貼っているというのが理由ですので、
嫌な方は押さないでくださいね。
amazonなので、ここより役に立つ
他の方のレビューが読めるという
メリットだけはありますし、
押しただけでは売れませんので、
その点はご安心くださいませ^^

更新時以外あまりチェックしないので、
コメントには気づきにくいです。
その点ご了承ください。
原則リンクは当方からは貼りません。
お貼り頂くのはご自由にして下さいね。
もしお貼りいただいた場合、ちょっと
教えていただけると嬉しいです^^
うちからも貼ってもいいよ!と
言っていただければ、もっと嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Comments...A

<>+-

お願い

このブログの文章、画像の転載を禁止致します。 また、画像と映像の著作権は出版社や映像会社にあり、 著作権侵害に触れない「引用」の域を出ない範囲で キャプチャ他を利用してお借りしていますが、 抵触したと判断され、削除依頼があれば、 画像、動画を削除致します。

最新トラックバック

アクセス

現在の閲覧者数:

Poodle時計(Red)

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

ブログ村トーナメント結果上位のみ

いぬばか(映画)
第2回 B級映画ブログトーナメント 準優勝
イヌココロ(絵本)
犬が出てくる絵本ブログトーナメント 優勝
あたしのいもうと(絵本)
こころの絵本ブログトーナメント 優勝
さびしんぼう(映画)
おすすめのファンタジー 5ブログトーナメント 優勝
コブタの気持ちもわかってよ(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
白いオウム(絵本)
小さな動物の絵本ブログトーナメント 優勝
ワンワンワンー捨て犬たちの小さなおはなし(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
きんいろきつねのきんたちゃん(絵本)
お勧め絵本トーナメント 準優勝
光の帝国 常野物語(小説)
私の好きなファンタジートーナメント 準優勝
優駿(小説)
馬が出てくる本トーナメント 優勝
ゴーストハント6 海からくるもの(小説)
ホラー映画・小説トーナメント 優勝
帝都物語(映画)
第11回ホラー映画トーナメント優勝
黄泉がえり(映画)
おすすめのファンタジー(4)優勝
遠い海から来たCOO(アニメ映画)
第9回アニメ映画トーナメント優勝
さくら(小説)
忘れられない本(3)トーナメント優勝
夏の庭ーThe Friend-(児童文学小説)
忘れられない本 (4) ブログトーナメント優勝
うらぼんえ(二時間ドラマ)
おすすめのファンタジー 7ブログトーナメント優勝
ぼくらの(漫画)
アニメ&ソング、漫画のブログ7 トーナメント 優勝
里見八犬伝
ファンタジー作品3ブログトーナメント優勝

2015.8.1より

ブログ内のどの記事を多く見て頂いたかの集計です 4時間ごとに集計されています

2016年4月から動作せず全く反映していませんでした。記事アクセスにかなり変動がありましたがご参考にならず申し訳ありません。4ヶ月経過後対処して頂きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。