FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

時々しか書けない本と映画の下手な感想文

映画・本ジャンル雑多な偏愛ど下手感想文。全力ネタバレ注意で。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAKOTO(日本映画)

第2回 ファンタジー映画ブログトーナメント - 映画ブログ村
第2回 ファンタジー映画ブログトーナメント

オカルトミステリーに分類されているようですが、オカルト…ホラー…
ピンと来なかったので、普通に邦画カテゴリーに入れました。
監察医の真言は、心を残して死んだ人間の霊が見えるため、それを
元に事件性のある死か自殺かが判断されることも多い。

makoto2_640.jpg

真言の妻、絵梨は数ヶ月前に交通事故で亡くなっており、事故に
事件性はないものの、真言の側で霊となってたたずんでいるが、
その理由、絵梨がこの世に何の心残りがあるのかが分からない。

makoto1_640.jpg

結婚3年ということもあるでしょうが、絵梨は真言にとって、本当に
いい妻に思えますね。
真言の不思議な力、真言がそれを必要とする霊たちの声を聞くという
使命感を持ちながらも、自分自身で受け止めかねている、それを
理解して支えている、優しく温かい女性です。
だけど、死の間際の絵梨には、どうしても真言に話したい、聞いて
ほしいことがあった。
監察医としての仕事が飛び込んだ真言は、結婚3周年の祝いの
外食途中に、絵梨のその願いを吹っ切ってしまい、それは絵梨の
事故死という結果で、絵梨が何を言おうとしていたのか、聞けず
じまいに終わってしまいます。
だからこそ、真言の側から、一緒に暮らした家から離れない絵梨。

makoto8_640.jpg

解剖しながら、一度は事件性はないとされながら、真言が霊が見える
ことで、別の死因が発覚し、遺された人に伝えたいことが、伝えられる
こともある。例えば少女の体に残った痣から、虐待の形跡なども。

makoto3_640.jpg

makoto5_640.jpg

願いが叶う時、霊は一時的に視覚化、実体化するんですが、
これだけは何とかならないかと思う演出。
死んだ人間を抱きしめ、触れ合うのは反則。
そう願うけどね。そうしたいと心底思うけどね。
だけど、きっと尚更辛くなるだけだから。

だけど、警察の捜査によって、そして解剖結果によって、
本当のことを遺族が知る、それが全て遺族のためになるとは
限りません。

makoto7_640.jpg

娘のために自分は何でも犠牲にしていた、娘が幸せに
なることだけを望んできた、と言う父親に突きつけられた娘が殺された
原因というのは、娘が二股をかけて男と付き合っていた、
父親には受け入れがたい事実でした。
娘の霊が謝っても、キヨラカな娘と信じて溺愛してきた父親は受け入れられない。
娘も娘だけど、父親も、現実を受け止めて娘の供養に繋げる、
それが親の愛情だと思いますが、割り切れないのが父親かな。
それに対して母は母の愛情を持ち、実体化した娘の霊に、
「もう痛くないのね」
と優しい言葉をかける、ここで父親と母親の差というのは歴然としますね。

霊の言葉を聞いてやるのが仕事、と言いながら、わりと後ろ向きな真言。
同僚の女性(室井滋さん)に夕食に誘われて、どこにも霊がいるから、と
嫌がり、実際どの店にも霊がいるので、同僚は、よっしゃ、じゃあここなら、と
気前よく店を選び変えてやるんですが、
「働いてる」
と指した霊が面白い。

makoto6_640.jpg

ファミレスの窓を拭き続ける真面目な霊。店員だったと思われます。
成仏するまで仕事頑張ってね。

絵梨が何を心残りにしていたのか。
真言が真実を知り、絵梨に絡んだある男性の転落死亡事件は事故として
処理されていました。真言は監察医としての鋭い目で、
それが事故でなく、他殺であると判断した。絵梨が殺したと。
ほぼ同じ状況の転落事件が殺人事件であることを隠蔽し、自殺としようと
した、それを絵梨が否定の眼差しで見つめることで、真言は
絵梨の罪を夫として、監察医として暴きます。
絵梨はそう望んでいたから。


死がふたりを分かつまで、という言葉がありますが、
真言と絵梨には、死がふたりを分かつとも、であって欲しかったと思って
しまう、すれ違いが呼んだ絵梨の寂しさからの悲劇でした。
死んだ人間の声を聞くことが一番に大切だと思い込んでしまった真言は、
生きて悩み続けた妻の悲鳴を聞いてやることを忘れてしまっていた。
実体化した絵梨が、このまま真言の側にいることは許されないものか、
そんな風に強く願ってしまう、二人の最後の触れ合い。
こんな時間を、生前に持つことが出来なかった、確かにお互いを
大切に思っていたはずの夫婦。

河口恭吾さんの「夢の真ん中」が綺麗なテーマソング。
息子二人との三人暮らしになって、初めて三人で観に行った映画ですが、
音楽大好きな長男がこの歌をとても気に入り、映画館の帰りに入った
喫茶店の有線でこの歌がかかったので、顔伸ばして歌ってました。

真言役、東山紀之さん、アイドル時代は全然興味ありませんでしたが、
いい俳優さんになりましたね。意外にお顔も好みかも。珍しいことですけど。
絵梨役は和久井映見さん。こちらはドラマ化された「動物のお医者さん」の
菱沼さん役とのギャップを感じて混乱しましたが、いやいや本来は
こういう女優さんなんだ、と自分の頭をガンガン。

それにしてもです。
真言、タイトル通り、マコト、と読みますが、すごい字。
しんごん、とか、マントラ、とか、そういう意味合いの字ですよ。
宗教ですね。

追記
この間亡くなった中島啓江さんが、和久井さんの同僚役で
出演されてます。
御主人を亡くされた役で、3年目には食べ続けた、だからこの
脂肪は主人なの、というセリフが、わあ、何だかいいなあ、と。
大好きな旦那さんといつも一緒にいるなんていいじゃないですか。
脂肪とはいえ。













関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

インフォメーション

2018/1/21 日本映画「帝一の圀」をキャプチャー加えて改稿しました

更新履歴



総記事数:

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
お越し頂いてありがとうございます。
当ブログ管理人は好みが偏っており、
ジャンルはバラバラです。
世の中から死滅した録画ビデオや
幼稚園時代に観た映画の無料動画
幼稚園時代に読んだ本にまで遡って
感想を書いています。
更新は月に数回~数ヶ月に1回と
マチマチです。
アフィリバナーを貼っていますが、
表紙やパッケージを「こんなです」と
貼っているというのが理由ですので、
嫌な方は押さないでくださいね。
amazonなので、ここより役に立つ
他の方のレビューが読めるという
メリットだけはありますし、
押しただけでは売れませんので、
その点はご安心くださいませ^^

更新時以外あまりチェックしないので、
コメントには気づきにくいです。
その点ご了承ください。
原則リンクは当方からは貼りません。
お貼り頂くのはご自由にして下さいね。
もしお貼りいただいた場合、ちょっと
教えていただけると嬉しいです^^
うちからも貼ってもいいよ!と
言っていただければ、もっと嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Comments...A

<>+-

お願い

このブログの文章、画像の転載を禁止致します。 また、画像と映像の著作権は出版社や映像会社にあり、 著作権侵害に触れない「引用」の域を出ない範囲で キャプチャ他を利用してお借りしていますが、 抵触したと判断され、削除依頼があれば、 画像、動画を削除致します。

最新トラックバック

アクセス

現在の閲覧者数:

Poodle時計(Red)

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

ブログ村トーナメント結果上位のみ

いぬばか(映画)
第2回 B級映画ブログトーナメント 準優勝
イヌココロ(絵本)
犬が出てくる絵本ブログトーナメント 優勝
あたしのいもうと(絵本)
こころの絵本ブログトーナメント 優勝
さびしんぼう(映画)
おすすめのファンタジー 5ブログトーナメント 優勝
コブタの気持ちもわかってよ(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
白いオウム(絵本)
小さな動物の絵本ブログトーナメント 優勝
ワンワンワンー捨て犬たちの小さなおはなし(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
きんいろきつねのきんたちゃん(絵本)
お勧め絵本トーナメント 準優勝
光の帝国 常野物語(小説)
私の好きなファンタジートーナメント 準優勝
優駿(小説)
馬が出てくる本トーナメント 優勝
ゴーストハント6 海からくるもの(小説)
ホラー映画・小説トーナメント 優勝
帝都物語(映画)
第11回ホラー映画トーナメント優勝
黄泉がえり(映画)
おすすめのファンタジー(4)優勝
遠い海から来たCOO(アニメ映画)
第9回アニメ映画トーナメント優勝
さくら(小説)
忘れられない本(3)トーナメント優勝
夏の庭ーThe Friend-(児童文学小説)
忘れられない本 (4) ブログトーナメント優勝
うらぼんえ(二時間ドラマ)
おすすめのファンタジー 7ブログトーナメント優勝
ぼくらの(漫画)
アニメ&ソング、漫画のブログ7 トーナメント 優勝
里見八犬伝
ファンタジー作品3ブログトーナメント優勝

2015.8.1より

ブログ内のどの記事を多く見て頂いたかの集計です 4時間ごとに集計されています

2016年4月から動作せず全く反映していませんでした。記事アクセスにかなり変動がありましたがご参考にならず申し訳ありません。4ヶ月経過後対処して頂きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。