FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

時々しか書けない本と映画の下手な感想文

映画・本ジャンル雑多な偏愛ど下手感想文。全力ネタバレ注意で。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GANTZ(日本SF映画)

13年続いた人気漫画を、メインキャラの年齢を高校生から
大学生や社会人、中学生から高校生に引き上げて、
うまくアレンジした映画作品。
そういう意味であちこちいじってはいますけども、
面白い。

主演がジャニの二宮和也くんなので、彼だけはキャプチャ不可。

gantzzen1.jpg

死んだ人間を無差別に引っ張り込んでおいて、身勝手に指示を
与えるガンツ。
てめえらの命はなくなりました、って
これ、面と向かって言われたらムッチャ腹が立つかも。

gantzzen2.jpg
こんなんとか、
gantzzen6.jpg
こんなんとか
gantzzen7.jpg
星人は原作と変わらないけれど
gantzzen8.jpg
千手はやっぱり怖くて田中星人はシュール。
キャプチャすると暗いですね。よく見えない。

gantzzen3.jpg

ガンツスーツの再現度が非常に高いのが興奮MAX。
この性能を理解するのが、
加藤を助けるために女の子である岸本恵が
ねぎ星人に体当たりして吹っ飛ばしたことがきっかけという、
うまい演出でした。

この前編をよくよく見る限り、玄野、加藤、岸本の中で、
加藤だけが死ぬまでスーツを使いこなしてないではないですか。

gantzzen5.jpg

何故か可愛らしすぎる吉高由里子ちゃんのタエちゃん。
タエちゃんはもっと平凡でもっさりした印象のキャラなのに、
綺麗すぎるのではないでしょうか。
もうちょい誰か…。

gantzzen4.jpg

本郷奏多くんの西くんは、全く原作とブレていません。
嫌な奴を見事に演じてます。

状況を把握してからの、加藤にとっての元ヒーローだった
自分を思い出して、俺はできる子やれる子強い子の錯覚に
目覚めていく玄野を演じる二宮くんがすごいです。
西くん同様嫌なヤツになっていく玄野の再現がいい。

原作の玄野と加藤を、二宮くんと松山ケンイチが演じるとなると
首をひねりますが、この映画の二人を演じるなら彼らでマル。
岸本恵の夏菜ちゃんも、これは原作のイメージにさえあっていて
可愛らしすぎました。
でも、死ぬ間際の、加藤への告白がありませんね、これが惜しい。
あれは必要でしょう。

これ、レンタル落ちで非常に状態の悪いDVDをだいぶ前に
前後編350円で手に入れながら見てなくて、
テレビで初めて見た2012年の春以来見てなかったので、
シュールすぎる田中星人と、前編の最後に加藤と岸本が死ぬ、
それしか実は覚えてませんでした(後は原作情報)。
次男は田中星人が非常に好きで、テレビを見てこの作品に
のめり込んだのは、田中星人を愛し抜いたからといえます。
最初から随分と攻撃的な田中星人に、今回驚いてましたが、
あれはお祖母ちゃんと転送された孫が、田中星人のラジカセを、
ぶつかって落としたからで、次男と喋ってて気づいたんですが、
ねぎ星人にしろ田中星人にしろ千手たちにしろ、
ガンツの指令でこちらが攻撃しなければ、いちいち向こうから
攻撃をしてくるものではなく、喧嘩売ったようなものですね。

これを改めて見ていて、子役がうまいな、と。
子ねぎ星人役も、田中星人のところでお祖母ちゃんと一緒の
孫(泣いてるだけですが)も、上手。

鈴木のおっちゃんのキャラは、途中からは原作の人の好さが
表れましたが、最初、ねぎ星人を、リストラを理由に追っかけた、
あれに違和感ありました。
そういう人じゃなく、原作でも
「あれ草食だからおとなしいよ」
と草食恐竜だから、と殺さずに見逃すことを勧めた優しい人だし。

実写⇒アニメ動画⇒原作の順で味わいましたが、次男が、
「アニメのあのテンポの悪さ何?電車に轢かれて死ぬだけで
1話の半分ぐらい使って、部屋に行くだけで1話使ってた」
と言う、それに比べると、あっという間に地下鉄に轢かれて死んで、
あらら、という間にガンツ部屋にいた映画は勝ち組。
当時原作未読だった身としては、逆にイミフだったほどです。

松山ケンイチは、この役作りのために7キロ増量だったそうで、
確かにブヨっとしてしまった。
デスノートのL時代のスレンダーさはどこよ。
もう戻れない愛しき時代。
今じゃ髭までも。
さようなら、わたしのL。いや、映画が違う。
そっちもそのうちまた。
まずは、次に後編を。



関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

インフォメーション

2018/1/21 日本映画「帝一の圀」をキャプチャー加えて改稿しました

更新履歴



総記事数:

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
お越し頂いてありがとうございます。
当ブログ管理人は好みが偏っており、
ジャンルはバラバラです。
世の中から死滅した録画ビデオや
幼稚園時代に観た映画の無料動画
幼稚園時代に読んだ本にまで遡って
感想を書いています。
更新は月に数回~数ヶ月に1回と
マチマチです。
アフィリバナーを貼っていますが、
表紙やパッケージを「こんなです」と
貼っているというのが理由ですので、
嫌な方は押さないでくださいね。
amazonなので、ここより役に立つ
他の方のレビューが読めるという
メリットだけはありますし、
押しただけでは売れませんので、
その点はご安心くださいませ^^

更新時以外あまりチェックしないので、
コメントには気づきにくいです。
その点ご了承ください。
原則リンクは当方からは貼りません。
お貼り頂くのはご自由にして下さいね。
もしお貼りいただいた場合、ちょっと
教えていただけると嬉しいです^^
うちからも貼ってもいいよ!と
言っていただければ、もっと嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Comments...A

<>+-

お願い

このブログの文章、画像の転載を禁止致します。 また、画像と映像の著作権は出版社や映像会社にあり、 著作権侵害に触れない「引用」の域を出ない範囲で キャプチャ他を利用してお借りしていますが、 抵触したと判断され、削除依頼があれば、 画像、動画を削除致します。

最新トラックバック

アクセス

現在の閲覧者数:

Poodle時計(Red)

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

ブログ村トーナメント結果上位のみ

いぬばか(映画)
第2回 B級映画ブログトーナメント 準優勝
イヌココロ(絵本)
犬が出てくる絵本ブログトーナメント 優勝
あたしのいもうと(絵本)
こころの絵本ブログトーナメント 優勝
さびしんぼう(映画)
おすすめのファンタジー 5ブログトーナメント 優勝
コブタの気持ちもわかってよ(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
白いオウム(絵本)
小さな動物の絵本ブログトーナメント 優勝
ワンワンワンー捨て犬たちの小さなおはなし(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
きんいろきつねのきんたちゃん(絵本)
お勧め絵本トーナメント 準優勝
光の帝国 常野物語(小説)
私の好きなファンタジートーナメント 準優勝
優駿(小説)
馬が出てくる本トーナメント 優勝
ゴーストハント6 海からくるもの(小説)
ホラー映画・小説トーナメント 優勝
帝都物語(映画)
第11回ホラー映画トーナメント優勝
黄泉がえり(映画)
おすすめのファンタジー(4)優勝
遠い海から来たCOO(アニメ映画)
第9回アニメ映画トーナメント優勝
さくら(小説)
忘れられない本(3)トーナメント優勝
夏の庭ーThe Friend-(児童文学小説)
忘れられない本 (4) ブログトーナメント優勝
うらぼんえ(二時間ドラマ)
おすすめのファンタジー 7ブログトーナメント優勝
ぼくらの(漫画)
アニメ&ソング、漫画のブログ7 トーナメント 優勝
里見八犬伝
ファンタジー作品3ブログトーナメント優勝

2015.8.1より

ブログ内のどの記事を多く見て頂いたかの集計です 4時間ごとに集計されています

2016年4月から動作せず全く反映していませんでした。記事アクセスにかなり変動がありましたがご参考にならず申し訳ありません。4ヶ月経過後対処して頂きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。