FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

時々しか書けない本と映画の下手な感想文

映画・本ジャンル雑多な偏愛ど下手感想文。全力ネタバレ注意で。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GANTZ PERFECT ANSWER(日本SF映画)

GANTZ映画前編に続き、でも5ヶ月経ってる設定ですかね。
おこりんぼう星人戦で生き残った玄野、鈴木、チェリー…は原作の
呼び名でここでは無職の桜井は、順調に後からくるメンバーに
レクチャーすることで、みんなちゃんとスーツを着て戦ってます。

卒業生がいる、以前にも戦ってた、でも記憶は後から戻ってくる、と
いうのがこの後編の設定。

gantzkou1.jpg

車内に転送されたりして、今までと違って人前、目立ち、
コスプレと笑われて携帯カメラで撮られたりするメンバー。
気持ちは分かるよ。

gantzkou2.jpg

侮れない黒服星人は、原作の吸血鬼にあたるでしょうか。
栗山千明ちゃんがすっごい原作ファンで、実写化されたら
出演したいと言っていたけれど叶わず、ただ原作に、彼女を
彷彿とさせる吸血鬼、きるびるがいます。
映画に出れば絶対雰囲気壊さずに良かったと思うのに、惜しい。
星人でもいいやーん。

鈴木のおっちゃんと玄野が100点を取ったことで、解放か、
誰かを生き返らせるか。
おっちゃんは、本当は生き返らせたい奥さんより、加藤を選ぶ、
ええ人じゃ。いや、多分、加藤の偽物である、千手が暗躍して
いる、それを確かめたかった意味が強いかも知れません。
そして玄野は、正確破綻者であっても、ガンツの情報を
知っている西くんを復活させました。
自分が死んでたことを「ダッサ!」と言い捨てる西くんGJ。

gantzkou3.jpg
gantzkou4.jpg

ガンツからの指令、ターゲットは、星人でもないタエちゃん。
殺せば100点、それ以外は得点はく奪。
ほとんど全員がタエちゃんを殺そうとする中、
玄野、加藤、鈴木、チェリ…いや、桜井はタエちゃんを逃がし、
守る側に回り、鈴木のおっちゃんとチェリーは多分死んだか
半死半生か。

これ、この後編がどうしても受け入れがたい感覚だったのは、
玄野とタエちゃんの悲恋物語にスポットが当たってしまった
ことが大きな理由かも知れません。
原作では高校生のまだ拙い恋愛だったけど、映画の実写とも
なると、やっぱり違うし、タエちゃんの生死に関わるとなり、
一旦はタエちゃんが殺されたともなると全然違います。
玄野が映画でもスケベで、ポスターの女性裸体をこっそり
見たり、岸本恵を泊める時にコ○○ームを落ち着かなく用意する、
そういうリアルさが面白かったので、昔のジュテーム連呼フランス
映画みたいな演出はいらんという感覚が抜けません。

千手を引っ張るなら、いつまでも加藤の姿でバトルしてるのも。

gantzkou6.jpg

最後に千手の姿に戻ってくれたほうがラスボス感があって
良かったと思うんですけど違うのかなあ。

松ケンは相変わらずのすごい演じ分け。
加藤の、少し落ち着かないオドオドした部分が残る演技と、
無表情どころか怖いと思う千手が成り変わった演技、銭ゲバでも
全然違う二役を見事に演じ分けてましたが、さすがカメレオンです。

結局、悲恋と玄野の自己犠牲がテーマの後編。

玄野とガンツの最後の契約で、今までのミッションで死んだ全ての
人が生き返り、記憶もなく普通の暮らしをする、それは嬉しい。
とても嬉しい。

gantzkou7.jpg
gantzkou8.jpg
gantzkou9.jpg

地上波では、線路に落ちた男性が、またホームにいる加藤に、
あなたが助けてくれたんですよね、とお礼を言うことで、
記憶がない加藤が、玄野をうっすら思い出すオマケシーンが
ありますが、ブログ仲間のエミリーさん情報では劇場ではなく、
このDVDにもありませんでした。
蛇足かどうかはともかく、一応見たかったシーンです。
でないとあのおっちゃん落ちただけでセリフないし。

gantzkou10.jpg

前編は比較的原作に近く、美味しいアレンジ。
でも、千手を出したあと、原作で見ものな星人はないから、
後編では完全オリジナル。
オリジナル改変を嫌いではなく、あまりにオリジナル度のひどい、
クズドラマを1話見てやめたので、どれをどう美味しく料理するか、
それがミソだと思いますが、
これ、やっぱり強い恋愛要素がなければもう少し高得点。

原作の新宿大虐殺で、自分が危ないのに、母親が死んだ、
無関係な赤ちゃんを連れて逃げるタエちゃんは好きですよ。





関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

インフォメーション

2018/1/21 日本映画「帝一の圀」をキャプチャー加えて改稿しました

更新履歴



総記事数:

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
お越し頂いてありがとうございます。
当ブログ管理人は好みが偏っており、
ジャンルはバラバラです。
世の中から死滅した録画ビデオや
幼稚園時代に観た映画の無料動画
幼稚園時代に読んだ本にまで遡って
感想を書いています。
更新は月に数回~数ヶ月に1回と
マチマチです。
アフィリバナーを貼っていますが、
表紙やパッケージを「こんなです」と
貼っているというのが理由ですので、
嫌な方は押さないでくださいね。
amazonなので、ここより役に立つ
他の方のレビューが読めるという
メリットだけはありますし、
押しただけでは売れませんので、
その点はご安心くださいませ^^

更新時以外あまりチェックしないので、
コメントには気づきにくいです。
その点ご了承ください。
原則リンクは当方からは貼りません。
お貼り頂くのはご自由にして下さいね。
もしお貼りいただいた場合、ちょっと
教えていただけると嬉しいです^^
うちからも貼ってもいいよ!と
言っていただければ、もっと嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Comments...A

<>+-

お願い

このブログの文章、画像の転載を禁止致します。 また、画像と映像の著作権は出版社や映像会社にあり、 著作権侵害に触れない「引用」の域を出ない範囲で キャプチャ他を利用してお借りしていますが、 抵触したと判断され、削除依頼があれば、 画像、動画を削除致します。

最新トラックバック

アクセス

現在の閲覧者数:

Poodle時計(Red)

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

ブログ村トーナメント結果上位のみ

いぬばか(映画)
第2回 B級映画ブログトーナメント 準優勝
イヌココロ(絵本)
犬が出てくる絵本ブログトーナメント 優勝
あたしのいもうと(絵本)
こころの絵本ブログトーナメント 優勝
さびしんぼう(映画)
おすすめのファンタジー 5ブログトーナメント 優勝
コブタの気持ちもわかってよ(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
白いオウム(絵本)
小さな動物の絵本ブログトーナメント 優勝
ワンワンワンー捨て犬たちの小さなおはなし(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
きんいろきつねのきんたちゃん(絵本)
お勧め絵本トーナメント 準優勝
光の帝国 常野物語(小説)
私の好きなファンタジートーナメント 準優勝
優駿(小説)
馬が出てくる本トーナメント 優勝
ゴーストハント6 海からくるもの(小説)
ホラー映画・小説トーナメント 優勝
帝都物語(映画)
第11回ホラー映画トーナメント優勝
黄泉がえり(映画)
おすすめのファンタジー(4)優勝
遠い海から来たCOO(アニメ映画)
第9回アニメ映画トーナメント優勝
さくら(小説)
忘れられない本(3)トーナメント優勝
夏の庭ーThe Friend-(児童文学小説)
忘れられない本 (4) ブログトーナメント優勝
うらぼんえ(二時間ドラマ)
おすすめのファンタジー 7ブログトーナメント優勝
ぼくらの(漫画)
アニメ&ソング、漫画のブログ7 トーナメント 優勝
里見八犬伝
ファンタジー作品3ブログトーナメント優勝

2015.8.1より

ブログ内のどの記事を多く見て頂いたかの集計です 4時間ごとに集計されています

2016年4月から動作せず全く反映していませんでした。記事アクセスにかなり変動がありましたがご参考にならず申し訳ありません。4ヶ月経過後対処して頂きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。