QLOOKアクセス解析

時々しか書けない本と映画の下手な感想文

映画・本ジャンル雑多な偏愛ど下手感想文。全力ネタバレ注意で。

Entries

西の魔女が死んだ(日本映画)

これが公開されると知った時に記事にしたら、ブログ仲間さんが、
娘さんと大喜びして、絶対観に行くとおっしゃったんですが、
行かれたんでしょうか?というのは、劇場、どの程度の規模数で
上映されたんかとずっと気になってて…。

中学入った途端に登校拒否になった少女が、「西の魔女」と呼ばれる
イギリス人の穏やかな祖母の元に預けられ、人としての生きる力を
取り戻しつつあったものの…という話。

祖母役のサチ・パーカーさんが気品があって美しい。
それも、近寄りがたい気品ではなく、そっと側にいてくれて、穢れを
洗い流してくれるような気品です。

nisinomazyo000000_640.jpg

魔女ったって、別にこれはハイファンタジーではないので、魔法を
使ったり超常現象が起きるわけではありませんから。
規則正しく生活をする、自然と共存する祖母の、心と体を乱さない生き方、
それが孫娘に伝える魔女修行。
中一のまいには意味わかんないなあ。わたしもわかんないし。

nisinomazyo000001_640.jpg

教室での孤立。
これをラスト近くに祖母に淡々と話すけれど、経験があるだけにちょっと。
このクラスでは、全員がお互いグループを越えて友好的であるために、
たった一人を敵にすることでバランスを取った、それは特別なことではなく、
昔からつづけられていて、いい大人のママ友がやるんだ、そのくだらないことを。
だからわたしはコミュ障を幸いにと、一人気楽を満喫していますが、
それを許さず集団生活の中に封じ込める学校という場は逃げ場がない。

正直、この映画は、原作も含めて退屈です。

nisinomazyo000002_640.jpg

祖母の家で過ごす時間は、時計もないのかと思うほど流れが緩やかすぎて、
イチゴと砂糖を死ぬほど使ってジャムを作ろうが、洗濯機がないのか
シーツを足踏みで洗おうが、ハーブティーは好きだけどそれを何度も飲むのを
見せられようが、だから何でしょう、という気はします。
でも、多分マイナスイオン全開の森や山の風景を目に焼き付ける、それが
原作ではなく、この映画を観る意義のひとつかも知れません。

このおばあちゃんがまいを諭すことは、大人が素直に耳を傾ける気になれば
ストレートに静かに胸に染み入るけれど、ガラが悪く自分への当たりもきつい
ゲンジさんを嫌いだというまいの言葉を肯定せず、憎悪や嫌悪の空しさを
穏やかに説きながら、反発の末に爆発したまいをついに平手打ちした、それは
やっぱり大人に対してでなければ、通じない方法ではなかったのか。

別に悪人ではない、やさぐれているだけのゲンジさんの、思いやりある
おばあちゃんへの恩や感謝の気持ちを持つ裏側なんて、中一の少女には
理解できるはずなどありません。

nisinomazyo000006_640.jpg

気まずい拘りと蟠りを残したまま別れ、二度と会えなくなった二人。

祖母が、まいの残したカップで花を飾っていたのは、まいがまた来ると
思っていたのか、もう来ないと思っていたのか。

nisinomazyo000007_640.jpg

ゲンジさんの穏やかで優しい、そして孤独な側面に気づいたまいは、
これから人に対する関わり方が変わるでしょうか。
ただ、学校に行く、卒業する、という道を辿るだけではなく。

でも、人間、色々な食い違いや衝突の末、あれもこれも遅かった、
やり直したい、と思ってしまうんですね。

「おばあちゃん、大好き」
「アイ・ノウ」
のやり取りが原作で好きでしたが、最後のそれが、パーカーさんの声で、
誰もいない部屋に静かに響く、
ああ、最後はこんな風に、おばあちゃんの魂はまいをまだ受け入れて
くれたんだ、というシーンです。

まいはもっと人を受け入れる修行が必要だったんですね。



関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

インフォメーション

2018/1/21 日本映画「帝一の圀」をキャプチャー加えて改稿しました

更新履歴



総記事数:

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
お越し頂いてありがとうございます。
当ブログ管理人は好みが偏っており、
ジャンルはバラバラです。
世の中から死滅した録画ビデオや
幼稚園時代に観た映画の無料動画
幼稚園時代に読んだ本にまで遡って
感想を書いています。
更新は月に数回~数ヶ月に1回と
マチマチです。
アフィリバナーを貼っていますが、
表紙やパッケージを「こんなです」と
貼っているというのが理由ですので、
嫌な方は押さないでくださいね。
amazonなので、ここより役に立つ
他の方のレビューが読めるという
メリットだけはありますし、
押しただけでは売れませんので、
その点はご安心くださいませ^^

更新時以外あまりチェックしないので、
コメントには気づきにくいです。
その点ご了承ください。
原則リンクは当方からは貼りません。
お貼り頂くのはご自由にして下さいね。
もしお貼りいただいた場合、ちょっと
教えていただけると嬉しいです^^
うちからも貼ってもいいよ!と
言っていただければ、もっと嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Comments...A

<>+-

お願い

このブログの文章、画像の転載を禁止致します。 また、画像と映像の著作権は出版社や映像会社にあり、 著作権侵害に触れない「引用」の域を出ない範囲で キャプチャ他を利用してお借りしていますが、 抵触したと判断され、削除依頼があれば、 画像、動画を削除致します。

最新トラックバック

アクセス

現在の閲覧者数:

Poodle時計(Red)

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

ブログ村トーナメント結果上位のみ

いぬばか(映画)
第2回 B級映画ブログトーナメント 準優勝
イヌココロ(絵本)
犬が出てくる絵本ブログトーナメント 優勝
あたしのいもうと(絵本)
こころの絵本ブログトーナメント 優勝
さびしんぼう(映画)
おすすめのファンタジー 5ブログトーナメント 優勝
コブタの気持ちもわかってよ(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
白いオウム(絵本)
小さな動物の絵本ブログトーナメント 優勝
ワンワンワンー捨て犬たちの小さなおはなし(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
きんいろきつねのきんたちゃん(絵本)
お勧め絵本トーナメント 準優勝
光の帝国 常野物語(小説)
私の好きなファンタジートーナメント 準優勝
優駿(小説)
馬が出てくる本トーナメント 優勝
ゴーストハント6 海からくるもの(小説)
ホラー映画・小説トーナメント 優勝
帝都物語(映画)
第11回ホラー映画トーナメント優勝
黄泉がえり(映画)
おすすめのファンタジー(4)優勝
遠い海から来たCOO(アニメ映画)
第9回アニメ映画トーナメント優勝
さくら(小説)
忘れられない本(3)トーナメント優勝
夏の庭ーThe Friend-(児童文学小説)
忘れられない本 (4) ブログトーナメント優勝
うらぼんえ(二時間ドラマ)
おすすめのファンタジー 7ブログトーナメント優勝
ぼくらの(漫画)
アニメ&ソング、漫画のブログ7 トーナメント 優勝
里見八犬伝
ファンタジー作品3ブログトーナメント優勝

2015.8.1より

ブログ内のどの記事を多く見て頂いたかの集計です 4時間ごとに集計されています

2016年4月から動作せず全く反映していませんでした。記事アクセスにかなり変動がありましたがご参考にならず申し訳ありません。4ヶ月経過後対処して頂きました。