FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

時々しか書けない本と映画の下手な感想文

映画・本ジャンル雑多な偏愛ど下手感想文。全力ネタバレ注意で。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金色の闇が見ている

公開中の(神戸では明日から)映画、「ホワイト・ゴッド」を
観に行きたいと思ってるんですが、
体質上、外に、しかも映画館という閉鎖空間に行けるかどうか、
分からないので、未定です。
公式サイトを見たときに、「あ、似てるな」と思い出したのが、
美内すずえが70年代に描いた「金色の闇が見ている」で、
当時のコミックスではなく、リミックスで、それも中古で入手した
その漫画を読み返しました。
「ホワイト・ゴッド」では犬たちが人を敵と見なして軍隊のように
統率を取り、襲撃し、それを止めるのは、率いる一匹の愛犬に
向かい合う少女…というストーリーですが、「金色の闇が
見ている」はその猫版です。
体が弱くて歩けない弟サミュエルの療養に、おじの家に身を寄せる
ことになったエスター、二人はその道すがら、母猫を車に轢き殺された
兄弟猫を拾い、猫だらけで疎んじる町で、ノエル、ジョエルと名付け、
特に友達を作り得ないサミュエルは溺愛します。
けれど、あまりの猫の被害に、猫獲りは激化、窓から飛び出した
ノエルとジョエルも捕えられ、ジョエルは撲殺され、ノエルは怒りの
あまり係員を襲って逃げ、ついには飢えのあまり人食い猫と化し、
大量の猫を統率するボスとなります。

怖い。
エスターが幼い頃母に教えられたように、いくら大きな生き物でも、
小さな生き物の数が多すぎれば、勝ち目はないのです。
学校を占拠する猫たち。
猫に異常な恐怖を覚える転校先の親友クラウディアは、それでも
登校するのは、好きな人の送迎を待ちたいがためでした。

「ホワイト・ゴッド」を見てないし、ラストはネタバレでしか見当
つかないのですが、この「金色の闇が見ている」も、

最後に愛は勝つーーーー!!!

なので、嫌な人は嫌でしょう。
ブラックなまま終わってほしい人には嫌でしょう。
でも、一度繋がった人とペットは、やっぱり愛情で繋がったままで
いてほしいと思う作品です。
どちらにしろノエルがこの後生きていく術はないのですから、
あれはもう仕方がない。
他の猫たちが普通の顔をして、他の町で優しい人たちに
拾われていくのが泣けますよ。
杜撰な飼われ方をして、同じことが繰り返されないようにと
願うばかりです。

価格見ると、高騰中だったり品切れだったり。
価値ある一冊ですよ。


関連記事

Comment

NoTitle 

懐かしいですね。
美内すずえの漫画はよく読んでいたので、この本も読んでいるとは思うのですが、ほとんど覚えていないんですよね。
マーガレット派でした。装丁も懐かしい~
  • posted by 知秋 
  • URL 
  • 2015.12/28 18:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

知秋さん ★

そうなんですよ。
マーガレットで「人形の墓」とか怖いのが載ってたのを覚えてます。特に怖すぎるのは「白い影法師」でした。
花とゆめを買って、あれ?この人の絵…と思うほど、絵が変わってませんでした。
和田慎二の明日香シリーズや柴田昌弘の紅い牙も初期をマーガレットで読んでいて、花とゆめで再会してびっくりでした。
これは、怖いというか、緊迫感のある漫画ですね。パニック映画にあるピリピリした空気。
猫が怖いクラウディアが、マタタビでおとなしくさせた猫を、絶叫でたたき起こして、何をしとんじゃと思ったもんですが、いやいや、これはわたしにとっては、イモムシ畑を歩いていて、足をイモムシが這い上がってきたようなもの、クラウディア、頑張ったね、と当時拍手を送りました。
2005年のリミックス版を中古で持っていて、そこに「人形の墓」「黒百合の系図」と三作品のホラーが載ってます。
あ、メール送ったんですが、届くかな…。
  • posted by ざくろ 
  • URL 
  • 2015.12/28 19:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

インフォメーション

2018/1/21 日本映画「帝一の圀」をキャプチャー加えて改稿しました

更新履歴



総記事数:

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
お越し頂いてありがとうございます。
当ブログ管理人は好みが偏っており、
ジャンルはバラバラです。
世の中から死滅した録画ビデオや
幼稚園時代に観た映画の無料動画
幼稚園時代に読んだ本にまで遡って
感想を書いています。
更新は月に数回~数ヶ月に1回と
マチマチです。
アフィリバナーを貼っていますが、
表紙やパッケージを「こんなです」と
貼っているというのが理由ですので、
嫌な方は押さないでくださいね。
amazonなので、ここより役に立つ
他の方のレビューが読めるという
メリットだけはありますし、
押しただけでは売れませんので、
その点はご安心くださいませ^^

更新時以外あまりチェックしないので、
コメントには気づきにくいです。
その点ご了承ください。
原則リンクは当方からは貼りません。
お貼り頂くのはご自由にして下さいね。
もしお貼りいただいた場合、ちょっと
教えていただけると嬉しいです^^
うちからも貼ってもいいよ!と
言っていただければ、もっと嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Comments...A

<>+-

お願い

このブログの文章、画像の転載を禁止致します。 また、画像と映像の著作権は出版社や映像会社にあり、 著作権侵害に触れない「引用」の域を出ない範囲で キャプチャ他を利用してお借りしていますが、 抵触したと判断され、削除依頼があれば、 画像、動画を削除致します。

最新トラックバック

アクセス

現在の閲覧者数:

Poodle時計(Red)

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

ブログ村トーナメント結果上位のみ

いぬばか(映画)
第2回 B級映画ブログトーナメント 準優勝
イヌココロ(絵本)
犬が出てくる絵本ブログトーナメント 優勝
あたしのいもうと(絵本)
こころの絵本ブログトーナメント 優勝
さびしんぼう(映画)
おすすめのファンタジー 5ブログトーナメント 優勝
コブタの気持ちもわかってよ(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
白いオウム(絵本)
小さな動物の絵本ブログトーナメント 優勝
ワンワンワンー捨て犬たちの小さなおはなし(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
きんいろきつねのきんたちゃん(絵本)
お勧め絵本トーナメント 準優勝
光の帝国 常野物語(小説)
私の好きなファンタジートーナメント 準優勝
優駿(小説)
馬が出てくる本トーナメント 優勝
ゴーストハント6 海からくるもの(小説)
ホラー映画・小説トーナメント 優勝
帝都物語(映画)
第11回ホラー映画トーナメント優勝
黄泉がえり(映画)
おすすめのファンタジー(4)優勝
遠い海から来たCOO(アニメ映画)
第9回アニメ映画トーナメント優勝
さくら(小説)
忘れられない本(3)トーナメント優勝
夏の庭ーThe Friend-(児童文学小説)
忘れられない本 (4) ブログトーナメント優勝
うらぼんえ(二時間ドラマ)
おすすめのファンタジー 7ブログトーナメント優勝
ぼくらの(漫画)
アニメ&ソング、漫画のブログ7 トーナメント 優勝
里見八犬伝
ファンタジー作品3ブログトーナメント優勝

2015.8.1より

ブログ内のどの記事を多く見て頂いたかの集計です 4時間ごとに集計されています

2016年4月から動作せず全く反映していませんでした。記事アクセスにかなり変動がありましたがご参考にならず申し訳ありません。4ヶ月経過後対処して頂きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。