QLOOKアクセス解析

時々しか書けない本と映画の下手な感想文

映画・本ジャンル雑多な偏愛ど下手感想文。全力ネタバレ注意で。

Entries

わたしの人形は良い人形(ホラー漫画)

昭和21年から40年続く人形の呪いというか妄執というか。
ある母が疎開先に送っておいたために無事だった
高級な日本人形を、娘の友達の事故死に非を感じて、
副葬品として譲る、けれど譲られた親と祖母はあまりの
高級さに一緒に焼くことを惜しんで自分たちのものにして
しまい、死んだ少女は友達を引きずり殺してしまう。
それでも解けない妄執が続いていく恐怖。
山岸涼子の傑作集。

人形って、そういえば最近女の子の遊び道具として、
売ってるのを見かけないんですが何故ですか。
ぽぽちゃんしか見かけないんですけど、どうしてですか。
うちは男兄弟がぽぽちゃんを愛で育てましたけど変ですか。
激しくドリフトした話を戻すと、ゴーストハントの二話目に出る
ミニーにしろこの人形にしろ、人の形をしていながら人でない、
こやつらは何故こんなに怖いんでしょう。
魂が宿るなんて簡単に言わないで下さい。
わたしは物心ついた頃、うちにあったキューピーが怖かったという、
わたしにだって怖いものはあったんですから。
何しろうちの母デカいキューピー買ってきてわたしが喜ぶと
思ってたんですから。怖いですよ怖いですよ。

この本は、母子家庭になった頃に派遣先で、ドジばかり踏む
もう一人の三十代の子(同じところから派遣されてた)に貸し、
わたしが次の月給制派遣に移るという最後の日に返してこなくて、
「じゃ、御餞別ということで」
と軽く言われてしまいました。それはわたしが言うことであってだな。
10年以上ぶりに手に入れましたが、当時と違うものを買ったようで、
あの時の本に収録されていた「千引きの石」「汐の声」という
面白怖い作品が見当たらず、あまり怖くない、読んだことのない
作品が収録されていました。
「わたしの人形は良い人形」はもうタイトルからして怖いというか
表紙絵が怖いというか、そしてラスト、ああ、これで助かった、
じゃないとしたら、打つ手がないじゃないか、という絶望感。
誰か女の子を殺さなければ浄化しない人形に、はいそうですね、
と誰かを遺体にして差し出すわけにはいかない。

ぽぽちゃんは暖かくなったら人形供養に出すことにしています。
寂しいけど、いつまでもおいておくわけにいかないし、
大事にしているとはいえない。
この本読んで更に深まった決心。

しかし…このお母さん…現実を見据え、運が強かった、それが
40年人形から身を守ってきた、それは凄いけど、何の関係もない
娘は殺されかけて怯えてるんだから、ちと分かってやれってば…。



関連記事

Comment

NoTitle 

怖いですよね、この話。
山岸凉子の漫画の中でも1,2を争うほど。
一緒に埋葬しないといけなかったのに、あまりに立派な人形だったからもったいなくてとっておいたのが悲劇のはじまりでしたよね。
修学旅行から帰ったら家が丸ごとないとかね…そんな体験してるのに、お母さんは能天気だし。最後とか救いもないし。
ホント怖かったです。

私の持っている本、今見てみたら、アスカコミックスで、「黄泉比良坂」「星の素白き花束の…」が収録されているバージョンでした。
いろいろあるんですね。
山岸凉子のは「白眼子」というのも好きです。
  • posted by 知秋 
  • URL 
  • 2016.01/08 18:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

知秋さん ★

そう、このお母さん最強に鈍くてある意味怖いですね(笑)
優れた現実主義者は魔を寄せ付けず怪異から身を守るそうですが、これから更に鈍く鈍く生きようと思います。
「白眼子」はこの本に収録されていました。
怖くはないですが、人としての生き方、身の丈に合った幸福の掴み方を思い出させてくれるようなテーマですね。
  • posted by ざくろ 
  • URL 
  • 2016.01/08 20:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

やっとたどり着きました笑 

ご無沙汰してます
たまにお邪魔してもいいですか?

山岸先生 大好きです。
この本も以前読んだはずですが
覚えていないのでまた読みたいです!
  • posted by ララ 
  • URL 
  • 2016.04/21 23:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ララさん ★

わーい(*´▽`*) ララさん、よくぞおいで下さいました!お邪魔とかそんなそんな、毎日でもいらして下さいね!
あ、わたしみたいな在宅フリーランスじゃないから、そんなお暇ではないですね。
でも、本当にうれしいです♪

山岸涼子先生のホラーは、特別な色合いがあって怖いというか不思議というか、いろいろな感想を持つことが出来ます。
わたしが最初に読んだのは幼稚園かその前ぐらいに「ティンカーベル」という作品でした。
ものすごく印象に残ってしまって、コミックスも持ってたんですが、母が同僚にあげてしまいました。
この本は、怖いですねえ…。
多分未解決と思われる、また人形が来るだろうと思われる最後のコマがどうしようもなく怖いです。
もう人形を祓う方法はなく、竹内陽の霊能力は万能ではない、少し人より秀でたものに過ぎませんから。
  • posted by ざくろ 
  • URL 
  • 2016.04/22 17:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

インフォメーション

2018/1/21 日本映画「帝一の圀」をキャプチャー加えて改稿しました

更新履歴



総記事数:

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
お越し頂いてありがとうございます。
当ブログ管理人は好みが偏っており、
ジャンルはバラバラです。
世の中から死滅した録画ビデオや
幼稚園時代に観た映画の無料動画
幼稚園時代に読んだ本にまで遡って
感想を書いています。
更新は月に数回~数ヶ月に1回と
マチマチです。
アフィリバナーを貼っていますが、
表紙やパッケージを「こんなです」と
貼っているというのが理由ですので、
嫌な方は押さないでくださいね。
amazonなので、ここより役に立つ
他の方のレビューが読めるという
メリットだけはありますし、
押しただけでは売れませんので、
その点はご安心くださいませ^^

更新時以外あまりチェックしないので、
コメントには気づきにくいです。
その点ご了承ください。
原則リンクは当方からは貼りません。
お貼り頂くのはご自由にして下さいね。
もしお貼りいただいた場合、ちょっと
教えていただけると嬉しいです^^
うちからも貼ってもいいよ!と
言っていただければ、もっと嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Comments...A

<>+-

お願い

このブログの文章、画像の転載を禁止致します。 また、画像と映像の著作権は出版社や映像会社にあり、 著作権侵害に触れない「引用」の域を出ない範囲で キャプチャ他を利用してお借りしていますが、 抵触したと判断され、削除依頼があれば、 画像、動画を削除致します。

最新トラックバック

アクセス

現在の閲覧者数:

Poodle時計(Red)

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

ブログ村トーナメント結果上位のみ

いぬばか(映画)
第2回 B級映画ブログトーナメント 準優勝
イヌココロ(絵本)
犬が出てくる絵本ブログトーナメント 優勝
あたしのいもうと(絵本)
こころの絵本ブログトーナメント 優勝
さびしんぼう(映画)
おすすめのファンタジー 5ブログトーナメント 優勝
コブタの気持ちもわかってよ(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
白いオウム(絵本)
小さな動物の絵本ブログトーナメント 優勝
ワンワンワンー捨て犬たちの小さなおはなし(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
きんいろきつねのきんたちゃん(絵本)
お勧め絵本トーナメント 準優勝
光の帝国 常野物語(小説)
私の好きなファンタジートーナメント 準優勝
優駿(小説)
馬が出てくる本トーナメント 優勝
ゴーストハント6 海からくるもの(小説)
ホラー映画・小説トーナメント 優勝
帝都物語(映画)
第11回ホラー映画トーナメント優勝
黄泉がえり(映画)
おすすめのファンタジー(4)優勝
遠い海から来たCOO(アニメ映画)
第9回アニメ映画トーナメント優勝
さくら(小説)
忘れられない本(3)トーナメント優勝
夏の庭ーThe Friend-(児童文学小説)
忘れられない本 (4) ブログトーナメント優勝
うらぼんえ(二時間ドラマ)
おすすめのファンタジー 7ブログトーナメント優勝
ぼくらの(漫画)
アニメ&ソング、漫画のブログ7 トーナメント 優勝
里見八犬伝
ファンタジー作品3ブログトーナメント優勝

2015.8.1より

ブログ内のどの記事を多く見て頂いたかの集計です 4時間ごとに集計されています

2016年4月から動作せず全く反映していませんでした。記事アクセスにかなり変動がありましたがご参考にならず申し訳ありません。4ヶ月経過後対処して頂きました。