QLOOKアクセス解析

時々しか書けない本と映画の下手な感想文

映画・本ジャンル雑多な偏愛ど下手感想文。全力ネタバレ注意で。

Entries

笑う大天使(日本映画)

むかーしむかし、わたしが花とゆめを読んでいた頃に、
連載していた漫画の実写映画であります。
原作は超えれんわな。
そういう印象でパンドラで観て、パンドラのせいか、
パソコンがボロいせいか、20回はブラウザ強制終了し、
どんだけ時間かかんねん、と思いながら、意地でも
最後まで視聴。
原作は原作、映画は映画と、別物と割り切ればいいか、
という、典型的な娯楽作品です。

waraumi02.jpg

制服がね、原作の制服がわりと好きでしたから、
何でこんな露出高いんだろう、と公開時にサイト観て
思ってました。
体育の時間も、普通の体操服じゃなくて、制服に準じた
黒い袖なしの、ジャパニーズニンジャですか?
色っぽくてようございますけど。

わたしは若い女優さんの区別がつかないし、
原作の、肩より少々長い髪の史緒、三つ編みで小柄な
柚子、ショートヘアで凛々しい和音のイメージが強く、
おいおい、和音がロングヘアかよ、という違和感に
ビックリでした。
史緒は関西から兄に引き取られたようで、むっちゃ
関西弁やしー。うまいな、上野樹里ちゃん。
柚子の平愛梨は、20世紀少年のカンナのイメージが
欠片もない。こりゃすごいわ。カンナの役が凄みが
あったというべきか。引退を賭けて挑んだんですしね。

waraumi04.jpg

原作では、サンマ焼いてくわえてる史緒を見つけて、
柚子も和音もうっかり、化けの皮を剥いでしまった、
庶民お嬢を暴露してしまいましたが、映画では
チキンラーメン。上級生のお姉さま方に、
「おチキンおラーメン」とか言ってるので、
次男が「チキンラーメン食いたくなった…」と
側でブツブツ。自分で買いに行けこのやろー。

waraumi06.jpg
waraumi07.jpg

成金で、豪華な家になっても、どうしても畳に
ちゃぶ台がやめられない、庶民から抜けれない
柚子の家族の設定は活かされてて、これは
結構嬉しい。光景はシュールすぎますけど。

お嬢様連続誘拐犯は、原作では、本物のファニーフェイスな
神父とすり替わったイタリア人でしたが、

waraumi09.jpg

映画ではシスターなので、こーりゃ迫力ねえわ、と
期待してませんでした。

で、柚子は小柄で可愛いから、特定の上級生三人組から
「コロボックルちゃん」と可愛がられ、和音は下級生から
「オスカル様」と慕われ(本人はオスカルを知らないので
あらいぐまラスカルと思って怒ってる)、史緒は、本物の
お姫様であるクラスメイトから「親しくしたいと思っていた」
と素直な笑顔で言われて好感を持ち、三者三様の
繋がりがある、それが後に繋がるのに、この掘り下げが
映画ではあやふやすぎます。
三人が上級生から誘われて、事情で柚子しか行けない、
行動がバラバラになったことで、それぞれが接点を
持った少女たちの行方不明に立ち会うことになった、
それがありません。
しかも、誘拐の唯一の目撃者は原作では史緒のみ。

事件解決に繋がる三人の怪力ですが、これも映画では、
史緒は怪力ですけど、和音は何だろう、突風起こして
壁ぶち破ってたし、柚子は電撃波?ただの超人化?

waraumi12.jpg

でもまあ、原作はほのぼのコメディですから、
史緒が銃ぐにゃ、と曲げたりしか、あまり印象に
残ってないんですが、映画は三人で大立ち回りが凄い。
殺陣ですか。
これはエンターテイメントとして楽しめます。
怪力になっただけで、体術を身に着けたわけじゃなし、
流れとしてはおかしいと思うけど、
大の男にパンチ繰り出して投げ飛ばす、これは
イライラしてる日に観たから、爽快です。
だって、この後まだ仕事あるしさ(先にしろよ)。

そして、シスターじゃ緩いわ、と思ってごめんなさい。

waraumi13.jpg

誰か知らんけど、迫力半端なし。
怪力の史緒とタイマンでいい勝負って変だけど、
完全にアクション映画化してました。

原作の、三人のそれぞれを描いた読み切り、
その史緒の部分を組み入れていて、
兄の見合いとその顛末までやってます。
兄の一臣は、自分の祖母が身重の母を追い出し、
やっと探し当てた時には母の葬儀を一人で
終えた妹の史緒がいて、それがとても
寂しそうに見えた、だから、結婚するなら、自分より
妹を優先して大切にしてくれる人を望む、と、
史緒を大切に想っているから、という口実で
海外留学に追いやろうとした見合い相手を断ります。

waraumi15.jpg

映画オリジナルで、あ、これ泣けるわ、と思ったのが
ほぼラストのシーンです。
史緒が気に入って持っていた、母の形見の本、
母がいつも史緒に読んでいた、「生き別れた母を
探す息子」の本は、作家である兄が書いたものでした。

waraumi16.jpg

これ、結構ええシーンやん?
オリジナルやけど?

野良犬のダミアンは、何のためにいるんや、という
感じでした。
チョコが好きって、そりゃいかんでしょ。
連載当時は、犬キチで昔犬飼ってたくせに、
犬がチョコ駄目って知らなくて(いや、昔は言われて
ませんでしたし)、柚子が落としてばらまいていく
麦チョコを拾い食いしながら歩くダミアンの後を追う、
それが誘拐された三人始めお嬢様たちの行方を
探す重大な手がかりになるシーンだし、
ダミアン重要。
特別編があって、20年後もダミアンが生きてるとは
wikiで知りましたけどね(笑)

当時、ダミアンがCGですごい再現されてる!と
評判になってたと思うんですけど、ん?
やっぱり、CG技術は日々進歩してるからでしょうか、
見たらチャチい。

waraumi17.jpg

可愛いから全然いいですけどね。

waraumi18.jpg

そういえば、これは原作コミックスを買ったことがなく、
結構しっかり覚えてましたわ。

んー、一臣にーちゃんだけはちゃんと出てたけど、
和音んとこの俊介とか、ロレンス先生とか、空気。
将来、和音は俊介と、柚子はロレンス先生と
結婚するのにね。
ロレンス先生むっちゃ片言やしー、俊介もやけど、
無理に出さんでよかったんちゃうん?







関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

インフォメーション

2018/1/21 日本映画「帝一の圀」をキャプチャー加えて改稿しました

更新履歴



総記事数:

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
お越し頂いてありがとうございます。
当ブログ管理人は好みが偏っており、
ジャンルはバラバラです。
世の中から死滅した録画ビデオや
幼稚園時代に観た映画の無料動画
幼稚園時代に読んだ本にまで遡って
感想を書いています。
更新は月に数回~数ヶ月に1回と
マチマチです。
アフィリバナーを貼っていますが、
表紙やパッケージを「こんなです」と
貼っているというのが理由ですので、
嫌な方は押さないでくださいね。
amazonなので、ここより役に立つ
他の方のレビューが読めるという
メリットだけはありますし、
押しただけでは売れませんので、
その点はご安心くださいませ^^

更新時以外あまりチェックしないので、
コメントには気づきにくいです。
その点ご了承ください。
原則リンクは当方からは貼りません。
お貼り頂くのはご自由にして下さいね。
もしお貼りいただいた場合、ちょっと
教えていただけると嬉しいです^^
うちからも貼ってもいいよ!と
言っていただければ、もっと嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Comments...A

<>+-

お願い

このブログの文章、画像の転載を禁止致します。 また、画像と映像の著作権は出版社や映像会社にあり、 著作権侵害に触れない「引用」の域を出ない範囲で キャプチャ他を利用してお借りしていますが、 抵触したと判断され、削除依頼があれば、 画像、動画を削除致します。

最新トラックバック

アクセス

現在の閲覧者数:

Poodle時計(Red)

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

ブログ村トーナメント結果上位のみ

いぬばか(映画)
第2回 B級映画ブログトーナメント 準優勝
イヌココロ(絵本)
犬が出てくる絵本ブログトーナメント 優勝
あたしのいもうと(絵本)
こころの絵本ブログトーナメント 優勝
さびしんぼう(映画)
おすすめのファンタジー 5ブログトーナメント 優勝
コブタの気持ちもわかってよ(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
白いオウム(絵本)
小さな動物の絵本ブログトーナメント 優勝
ワンワンワンー捨て犬たちの小さなおはなし(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
きんいろきつねのきんたちゃん(絵本)
お勧め絵本トーナメント 準優勝
光の帝国 常野物語(小説)
私の好きなファンタジートーナメント 準優勝
優駿(小説)
馬が出てくる本トーナメント 優勝
ゴーストハント6 海からくるもの(小説)
ホラー映画・小説トーナメント 優勝
帝都物語(映画)
第11回ホラー映画トーナメント優勝
黄泉がえり(映画)
おすすめのファンタジー(4)優勝
遠い海から来たCOO(アニメ映画)
第9回アニメ映画トーナメント優勝
さくら(小説)
忘れられない本(3)トーナメント優勝
夏の庭ーThe Friend-(児童文学小説)
忘れられない本 (4) ブログトーナメント優勝
うらぼんえ(二時間ドラマ)
おすすめのファンタジー 7ブログトーナメント優勝
ぼくらの(漫画)
アニメ&ソング、漫画のブログ7 トーナメント 優勝
里見八犬伝
ファンタジー作品3ブログトーナメント優勝

2015.8.1より

ブログ内のどの記事を多く見て頂いたかの集計です 4時間ごとに集計されています

2016年4月から動作せず全く反映していませんでした。記事アクセスにかなり変動がありましたがご参考にならず申し訳ありません。4ヶ月経過後対処して頂きました。