FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

時々しか書けない本と映画の下手な感想文

映画・本ジャンル雑多な偏愛ど下手感想文。全力ネタバレ注意で。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレデター(海外SFアクション映画)

人質救出と騙されてジャングルに派遣された
腕利きの傭兵たちが、
姿の見えない敵に次々惨殺されていく話。

敵は地球外生命体とは分かってるけれど、
この「プレデター1」では
事故った(不時着)のか、
わざといて狩りを楽しんでるのか、
よくわかりません。
でもその辺はどうでもよく楽しめるのがこの作品。
むしろあやふやにしているのがいい。

puredeter01.jpg

ダッチ(シュワちゃん)率いる特殊部隊、筋肉すごいです。
ゲリラを一掃しておいて、旧友に騙されてたことに
気付きますが、これも大事な設定。
この映画には無駄がありません。


puredeter03.jpg
puredeter04.jpg

プレデター側からは地球の生き物を高い体温で
識別するしかないので、
サーモグラフィ状態です。
しかも、こんな近くに来てるという最初の頃。

puredeter05.jpg

ネイティブアメリカン族のビリーさん、姿を隠している
プレデターの存在に気付くほど敏感。
彼の設定は面白いですね。
傭兵特殊部隊の面々は屈強で個性が強いですが、
勘で「人間じゃない敵」を察知するメンバーというのは
映画には必要です。

puredeter06.jpg
puredeter07.jpg

森に擬態して襲い掛かり、隊員を一瞬で殺す敵。
それに、殺すだけでなく目的は死体です。

puredeter08.jpg

全員斉射乱射のこのシーンがスカッとする。
武器も本格的で、
シュワちゃんが使ってるのはM16アサルトライフル、
ポピュラーな自動小銃ですがランチャーついてるやつで、
何より迫力満点なのが、
マックの使うM60型の機関銃、遠距離OKでぶっ放せます。
いや、何の話やねん、違うところで語れ、
危ないミリタリーマニアめ。

puredeter09.jpg

ヒロインは出ますが、男たちが襲われるところに出くわして
返り血ばさばさ浴びる悲惨な役で、
そして主人公と恋に落ちるわけでもないのがいい。
お互い助かる道は協力しあうしかないから
捕虜にされてたけど消去法で助け合うのみという
色恋沙汰苦手な人間には程よい立ち位置です。

puredeter10.jpg

カモフラージュを解くと何か怖さの薄れるプレデター。
姿が見えない間が一番敵は怖い。

puredeter11.jpg

わりと嫌なのはこれですね。
親友の仇を討つためにプレデターに倒れている木の下から
這いよるマックの腕に、赤い光。
すでにマーカー、というやつ。

puredeter12.jpg

マックと同行したディロンは腕を落とされて、
その腕が勢いのまま銃を撃ち続けるのも何というか。

puredeter13.jpg
puredeter14.jpg

シュワちゃんたちが逃げる時間を稼ぐのに、丸太一本橋の上で
銃を捨て、マチェテのみ握ってプレデターを迎え撃つ
ビリー、彼の役回りは結構いいと思います。
この後たぶん頭蓋骨トロフィーにされてましたけど。
その上、時間そんなに稼げてなくて、すぐシュワちゃんに
追いついてたし。逃げられたのアンナ(女の捕虜)だけ。

puredeter15.jpg

最後のひとりで逃げるシュワちゃんと追っかけてくるプレデター。

puredeter16.jpg

泥だらけになったシュワちゃんは見えない不便なプレデター。
サーモグラフィ欠陥だらけ。

puredeter17.jpg
puredeter18.jpg

特殊部隊の知識と根性活かして、罠を張り、
プレデターを陥れるシュワちゃん。

最後はプレデターの自爆ですが、
「プレデター2」は上の空でさらっと観ただけで、
息子に説明してもらわなければ思い出せず、
この「プレデター」で分からなかった部分を
余計なお世話的に補完していたことを
理解する後付け続編を教えてもらいました。

妊婦や病気の人は殺さない、自分に殺意がある人の
頭上にはそういうマークが出るから殺す、という
説明を息子から受けました。

しかし、「ジュラシックパーク」と「ロストワールド」の
違いと同じですが「プレデター2」は町中に出てしまい、
狩りの対象が誰でもあり、自分は逃げられるというのが
怖さが薄れてしまう痛さです。
この「プレデター」は、狙われるのは自分たちだけで、
密林から逃げきるまで命の保障はなく、
相手のほうが強い(残虐で容赦ないといえる)、
嫌な言い方をすれば街にあふれる誰かの陰に
隠れて身代わりになってもらえれば助かる二作目とは
違うんです。
絶対に最後の一人まで殺される。
敵にはその殺意、狩りの意志があります。
閉鎖空間で標的は自分たち少人数というのが、
外せないポイントです。

シュワちゃん作品の中、
ターミネーター2と並ぶ面白さの作品がこれ。
個人的にです。
彼の作品は母に引きずられて色々観に行ったけど、
「キンダガートン・コップ」はさすがに親子で
好みではないから母が見ようとは言わなかったです。

もうシュワちゃん70ぐらいでしたっけ。


関連記事

Comment

NoTitle 

こんばんは。

「プレデター」私も大好きです。

たしか劇場公開直前の時期だったと思いますが、最初は自分の周辺にポスターだけしか情報がなくて、てっきり「コマンドー2」をやるんだと思いこんでいたものでした(ーー;)

その後「地球に潜伏している宇宙人と戦う話だよ」と聞いて今度はシュワちゃんがその宇宙人の役を演じるのかと、恥ずかしながらダブルで勘違いをしておりました・・・

じっさいの映画の中身は私の想像と全然違っていて( ̄▽ ̄;)超満足でしたけど、これはまちがいなくSFアクションの大傑作だったと思います。
  • posted by しろくろshow 
  • URL 
  • 2017.05/10 22:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

しろくろshow様

コメントありがとうございます!
シュワちゃん映画は好きでしたが、当時もっと彼が好きな(いわば彼のSFならなんでもいい)母に引きずっていかれましてね、

宇宙人と戦うお話……ってそんなベタなんイヤン…

と思ってたら、予想を大きく覆してくれてシュワちゃん映画の中ターミネーターとこの作品が1位はどっちの接戦です。

やはりシュワちゃんといえば、あの腕の太さや胸筋をふんだんに見せてくれるこういう役であるべきで、この作品は展開としても退屈するシーンがありませんでした。
面白かったですね^^
こういうSFアクションの原点的映画は大好きです。
  • posted by 管理人 
  • URL 
  • 2017.05/10 23:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

インフォメーション

2018/1/21 日本映画「帝一の圀」をキャプチャー加えて改稿しました

更新履歴



総記事数:

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
お越し頂いてありがとうございます。
当ブログ管理人は好みが偏っており、
ジャンルはバラバラです。
世の中から死滅した録画ビデオや
幼稚園時代に観た映画の無料動画
幼稚園時代に読んだ本にまで遡って
感想を書いています。
更新は月に数回~数ヶ月に1回と
マチマチです。
アフィリバナーを貼っていますが、
表紙やパッケージを「こんなです」と
貼っているというのが理由ですので、
嫌な方は押さないでくださいね。
amazonなので、ここより役に立つ
他の方のレビューが読めるという
メリットだけはありますし、
押しただけでは売れませんので、
その点はご安心くださいませ^^

更新時以外あまりチェックしないので、
コメントには気づきにくいです。
その点ご了承ください。
原則リンクは当方からは貼りません。
お貼り頂くのはご自由にして下さいね。
もしお貼りいただいた場合、ちょっと
教えていただけると嬉しいです^^
うちからも貼ってもいいよ!と
言っていただければ、もっと嬉しいです!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Comments...A

<>+-

お願い

このブログの文章、画像の転載を禁止致します。 また、画像と映像の著作権は出版社や映像会社にあり、 著作権侵害に触れない「引用」の域を出ない範囲で キャプチャ他を利用してお借りしていますが、 抵触したと判断され、削除依頼があれば、 画像、動画を削除致します。

最新トラックバック

アクセス

現在の閲覧者数:

Poodle時計(Red)

全記事表示リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

ブログ村トーナメント結果上位のみ

いぬばか(映画)
第2回 B級映画ブログトーナメント 準優勝
イヌココロ(絵本)
犬が出てくる絵本ブログトーナメント 優勝
あたしのいもうと(絵本)
こころの絵本ブログトーナメント 優勝
さびしんぼう(映画)
おすすめのファンタジー 5ブログトーナメント 優勝
コブタの気持ちもわかってよ(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
白いオウム(絵本)
小さな動物の絵本ブログトーナメント 優勝
ワンワンワンー捨て犬たちの小さなおはなし(絵本)
やさしい絵本ブログトーナメント 優勝
きんいろきつねのきんたちゃん(絵本)
お勧め絵本トーナメント 準優勝
光の帝国 常野物語(小説)
私の好きなファンタジートーナメント 準優勝
優駿(小説)
馬が出てくる本トーナメント 優勝
ゴーストハント6 海からくるもの(小説)
ホラー映画・小説トーナメント 優勝
帝都物語(映画)
第11回ホラー映画トーナメント優勝
黄泉がえり(映画)
おすすめのファンタジー(4)優勝
遠い海から来たCOO(アニメ映画)
第9回アニメ映画トーナメント優勝
さくら(小説)
忘れられない本(3)トーナメント優勝
夏の庭ーThe Friend-(児童文学小説)
忘れられない本 (4) ブログトーナメント優勝
うらぼんえ(二時間ドラマ)
おすすめのファンタジー 7ブログトーナメント優勝
ぼくらの(漫画)
アニメ&ソング、漫画のブログ7 トーナメント 優勝
里見八犬伝
ファンタジー作品3ブログトーナメント優勝

2015.8.1より

ブログ内のどの記事を多く見て頂いたかの集計です 4時間ごとに集計されています

2016年4月から動作せず全く反映していませんでした。記事アクセスにかなり変動がありましたがご参考にならず申し訳ありません。4ヶ月経過後対処して頂きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。